欲しいデパスのかわりに友達からセディールのお裾分け

抗不安剤の効果

ベンゾジアゼピン系の抗不安剤へと分類される、不安を緩和する作用があります。
しかし、この成分は依存性があり、且つ強力である事が知られておりまして、やはりデパスも然りと言えます。
注意しなければいけない副作用である【依存】ですが、デパスを服用すれば、誰しもが依存してしまうとは限りません。服用方法を守り、用法用量等の知識を身につけ、正しく服用すれば、依存の心配はないと言えます。

デパスの依存性に関して。
程度としてはベンゾジアゼピン系医薬品の中で、高いとされています。その為、デパスを服用している患者は依存しないよう、注意をする必要があります。
ここでいうデパス依存とは?
この薬に頼ってしまい、手放す事が出来ず、長期間服用をやめる事が出来ない事です。

依存が発症する条件

・効果効能が強力
・薬が作用している時間がが短い
・服用している期間が長い
・服用する量が多い

作用が強力であればあるほど、効いたような感覚に陥りやすい為、頼りやすくなり、その為依存しやすくなってしまいます。
薬が作用している時間が短いと、身体からすぐに抜け、その為、自然に服薬する回数が増えてしまいます。これが依存の原因となります。
服用している期間や量が長ければ長い程、多ければ多い程、身体に薬の免疫がついてしまう為、依存に陥りやすくなります。
デパスは比較的作用が強めで、作用時間も約6時間前後となります。これは短めと言えるでしょう。
このような特徴のある抗不安剤デパスは、【乱用】【依存性】の観点から、個人輸入が全面禁止となりました。

ベンゾジアゼピン系の抗不安剤ではない唯一の薬に精神安定剤のセディールがあります。
このセディールの特徴として、下記が挙げられます。

・抗不安の作用が比較的弱い
・安全性が高い。耐性や依存性がない。副作用が比較的少ない
・ベンゾジアゼピン系の抗不安剤とは異なる
・抗うつの効果も併せ持つ

ベンゾジアゼピン系ではない抗不安剤は、このセディールしかありません。ベンゾジアゼピン系は、即効性や効果も強く、大変人気のお薬ではありますが、耐性や依存等の副作用に苦しむ場合がある事も事実です。
これに対し、セディールは耐性や依存性がありません。また、他の副作用も非常に少なく、安全性に関しては大変優れていると言えるでしょう。
作用時間も比較的短く安全性が高く体に負担をかけない意味では良い精神安定剤でもあります。
但し、その反面効果に関しては非常に緩やか且つ弱めとなります。不安を強力に抑えたり、即効性があるわけではありません。
患者は精神的苦痛と日々戦っている状態なので、やはり即効性があり、効果の強力なお薬を選んでしまいがちです。あまり効果が強力なわけではないセディールは、人気があるとは言えません。しかし、分安全性に関しては極めて高く、肉体的にも優しいお薬だという事は知る必要があります。
身体が資本という事を忘れず、病気と向き合っていきましょう。